trc.cocolog-nifty.com > 便利な道具たち

浅草「かね惣」の鋼(ハガネ)の包丁
泡立て器
トレイ
キッチンスケール(はかり)
ピーラー(皮むき器)
パイレックスのメジャー(計量)カップ
コーヒーメーカー
計量スプーン
道具立て
でか計量カップ
ペッパーミル
ガラスボウル
木べら
刷毛(はけ)
盛り付け用のスプーン
エプロン
ザル
アクすくい
ペンテルのサインペン
砂糖入れ
れんげ
なべ敷き
まな板
鱗(うろこ)引き
デジタルスケール(はかり)
牛乳パックホルダー
水切り器
ゴムべら
スクイーザー
口つきチビおたま
竹串
キッチンクロス
包丁ケース
キッチンばさみ
炊飯器

<< 前 | トップページ

炊飯器

炊飯器

何はなくともごはん。というわけで炊飯器。
最近の炊飯器はすごい。キッチン家電の中でもっとも進化しているものだと思う。たとえばコンロとかトースターとか、まして冷蔵庫なんて、5年、10年前のものと、性能はたいして変わってないと思うけれど、でも炊飯器は違う。ぜんぜん違う。
今使っているのは前に仕事でいただいて、さらに自腹で買ったもの。
その名も「家族会議」。あはははは。なんで?
あとなぜか蓋には「メガ沸騰」。なんで?
ネーミングやデザインのセンスはなくても、性能は抜群。お値段もすごかった気がするけれど、でもそれだけのことはある。
早炊き15分で、お米のひと粒ひと粒が立ったスバラシイごはんが炊き上がる。そうなってくると普通炊きの意味がわからないぐらい、ほんとうにスバラシイ。
メガ沸騰のおかげなのか?

固定リンク